遺言がない場合


遺言がない場合は、法定相続人の間で遺産分割協議をして、誰が具体的にどの遺産を相続するか決定します。

法定相続人と法定相続分は、下表のとおりです。
   
 

 法定相続人

 法定相続分

第1順位    配偶者と子  配偶者1/2  子1/2
第2順位    配偶者と直系尊属   配偶者2/3  直系尊属1/3
第3順位   配偶者と兄弟姉妹   配偶者3/4  兄弟姉妹1/4

          

遺産分割協議は、法定相続人全員の合意で決定しますので、法定相続分と異なる割合で遺産分割することもできます。
遺産分割協議に基づく
不動産の相続手続については、こちら。

法定相続人間で遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てることができます。
調停でも合意が成立しない場合は、家庭裁判所の審判で決定されます。

遺産に借金が多いなどで一切相続したくない場合は、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に家裁に相続放棄の申し立てをします。
相続放棄が認められると、初めから相続人ではなかったことになります。
遺産分割協議で自分は一切相続しないということに決めても(事実上の相続放棄)、債権者に対しては自分の法定相続分の範囲では、債務を負担しないことを主張できません。
相続放棄の手続については、こちら。